2015年01月24日

検査に行ってきました

約2年前(今年の3月で2年です)に
僧帽弁閉鎖不全症と診断されたコタくん。
6か月ごとに検査に行ってます。

今回は3月の予定だったのですが
〇明け方、ケホッて咳をしたことがあった
〇歯科手術で麻酔したので、心臓に負担もあったはず
の理由で、1か月ちょっと早かったのですけど
今日、心臓の検査に行ってきました。

すでに忘れてる部分もありますが、記憶のためのメモを・・・

心雑音は、程度は変わらず。
範囲は、広がってるかもしれないので、広範囲に聞いてもらって・・・
その結果が、どうだったのかの記憶がありません・・・(涙)

で、お預けしてエコー検査。

僧帽弁の逆流は、多少増えてる感もあるけど
心臓への負担は、ほとんどないとのこと♪
三尖弁も逆流してるけど、僧房弁の子の3割は
こっちも逆流してるので、特にこっちを・・・は必要ないとのこと。

で、ここまでで安心したんですけど
エコー検査中(10分くらい?)に1回、不整脈が出たそうです。

エコーの画像では、
小さいピーク → 大きいピーク → 小さくてちょっとなだらかなピーク
の順に出てくるんですけど
1回だけ、小さいピークだけのことがあったんです。
小さいピークは心房の収縮、大きいピークは心室の収縮なのですが
心室が収縮しなかったということのようです。

10分で1回程度の不整脈でしたし
症状(ふらふらして、倒れて失神するとか・・・)もないので
取りあえず様子見で良いそうです。
心電図で検査するにしても、通常は1分間の検査なので
たぶん現れないだろうと・・・。
やるなら、24時間のホルターとかになるようです。

お薬についても、他の先生(近所の病院、歯の病院)では
お薬の投与開始を勧められました。
そのことでお話を聞いてみました。
お薬に関しては・・・効果があるとの報告もあるようですが
特に効果はないとの報告もあるようです。
先生の考えでは、始めたいのなら始めてもいいけど
今、特に症状がでていないことと
この2年間の病状の進行具合からすると
まだ始めなくていいのでは?とのことでした。
また、腱索が突然切れてしまうことに対しては、お薬は関係ないようです。

歯のことでも思いましたけど
やっぱり、総合診療の先生よりも、専門医の先生のほうが
情報量、経験量も多いでしょうし、信頼してみることにしました。
(今、検査をお願いしているのは循環器の専門医です。)
なので、まだ投薬はせず、次回の検査は半年後です。

検査終わりに、検査頑張ったご褒美に
葛西臨海公園に行ってきました〜〜〜
カメラは持ってなかったので、写真はないんですけど・・・(笑)


また半年後まで、何事もなく
半年後の再検査を迎えられますように!!


posted by ゆうこ at 22:07| Comment(2) | けんこう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とりあえずよかったです^^
2年前と言うと6歳のころですよね?
旭川のマックンが6歳のお誕生日を迎えて
突然の病気で1週間で亡くなってしまい、
ウチも気をつけなきゃな〜って
本気で思いました。

お薬って難しいですね・・・
飲ませても副作用が怖いし
飲ませなければ悪化するんじゃないかって思うし。
でもどちらでもいいと言うなら
飲ませないですむものならそのほうが負担がなくていいですね。
Posted by アポまま at 2015年01月26日 09:45
★アポままさま

マックンのこと、ビックリです・・・。
最近は全然、ブログも見てなかったので。
急性膵炎だったのですね。
コタも膵炎の疑いがあったりしたので
なんか、他人事とは思えません・・・。
チャロくんがいて、良かったですよね。

アポロンくんとシエルくんは
いっつも元気いっぱいですよね〜〜〜
寒い雪の中でもへっちゃらで!!

お薬は悩みます・・・
勧める派と勧めない派みたいなのが、あるんですかね。
誰が見ても、飲むべき!って段階はあるみたいなんですけどね。
まあ、進行も緩やかなようなので
専門医の先生を信じてみようと思います。



Posted by ゆうこ at 2015年01月26日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。